「スラム街に夢を!」で近畿大生が炎上、クラウドファンディング事件簿を振り返る


「スラム街の暮らしを肌で感じたい! スラム街の子供たちに夢を与えたい!」と近畿大学の男子学生3名が今月、クラウドファンディングサイト『CAMPFIRE』上でフィリピンまでの旅費25万円の資金支援を呼びかけました。これを受け、ネット上では彼らに対する非難の声があがりました。アイディアやプロジェクトを持つ人が、インターネットを通じて資金を募る「クラウドファンディング」というこの仕組み。日本でも市場は年々拡大し、素敵なプロジェクトが数多く形になっています。です 全文
女子SPA! 07月14日15時47分

Source: Peachy
「スラム街に夢を!」で近畿大生が炎上、クラウドファンディング事件簿を振り返る