“普通の子”たちがなぜ凶悪事件を…危ない親子関係の傾向


少年犯罪が起きるたび、その家庭環境が問題にされます。自分の子育てに不安を感じてしまう親もいるのでは…。いくつもの少年事件を取材してきたジャーナリストの草薙厚子さんの近著『となりの少年少女A』は、1997年に起こった神戸連続児童殺傷事件「少年A」の事件をはじめ、この20年で起きた世間を震撼させた凶悪な少年事件をまとめたものです。彼らの家庭環境に、なにか傾向はあるのでしょうか?(以下、草薙さんの寄稿)◆普通の子が突然犯す、動機のわからない事件昨今 全文
女子SPA! 06月15日08時46分

Source: Peachy
“普通の子”たちがなぜ凶悪事件を…危ない親子関係の傾向